【完走記】第31回大田原マラソン(フルマラソン)①

【記録】

ネット:3時間49分44秒

 

【ラップ(5キロ毎)】

22分55秒→22分56秒→23分19秒→23分25秒→23分29秒→25分39秒→31分14秒→37分1秒→19分34秒

前半:1時間37分49秒

後半:2時間11分55秒

 

【気象条件】

天候 晴れ

 



 

大会を迎えるに当たり

初めてフルマラソンを走ったのが2016年の5月。

その時は4時間34分46秒でなんとか完走できました。

今回は2年半ぶり2回目のフルマラソンということで、自己ベストの更新+完走を目標に頑張ろうと思います。

 

ここ大田原は制限時間4時間という市民ランナーにとっては制限時間が非常に厳しく、完走=サブ4達成になります。

しかも23.8キロ過ぎが一番高低差の低いところになり、そこからゴールに向けて上り坂が続きかつ後半向かい風が襲ってくるというランナーにとって厳しい状況が重なっています。

 

スタート~10キロ

スタート地点の陸上競技場をスタートすると一般道へ。

陸上競技場内はまだ密集していて走りづらかったですが、一般道へ出るとすぐにばらけて走りやすくなりました。

走り始めると体も軽く順調に走れましたが、前回のフルマラソンで前半飛ばし過ぎて後半大失速してしまったので今回は飛ばしすぎないよう意識して走りました。

最初の3キロは4分30秒台/キロと順調な滑り出しでした。

4キロ過ぎで大きな下り坂があったため4分20秒台/キロとペースが上がってしまいましたが、その後しっかりとペース調整を行えたので、なんとか4分30秒台/キロをキープ。

大きくペースを乱すことなく10キロは46分3秒で通過。

4分36秒/キロなので前回のハーフの4分42秒/キロより少し早いペースでの通過となった。

 

10キロ~中間点

15キロ過ぎと17キロ過ぎに少し登り坂がありペースが落ちてしまったが、その他の区間は前半のペースを維持。

前半は下りが続くと聞いていたが、比較的緩やかな下りがところどころにあっただけのようで、目に見えるような下りがなかったように感じた。

 

ここまで気持ち的には抑え気味で走っていたこともあり、特に足がつったり重くなったりすることもなく順調な走りを続けていた。

このまま行けば完走はおろか、サブ3.5も狙えるのではと欲が出てきました。

 

しかし中間地点の通過タイムが1時間37分49秒と前回の柏崎マラソンのハーフよりも早く、飛ばし過ぎなのではとも感じ始めました。

前回の柏崎マラソンの結果はこちら

 

前回のフルマラソンでは前半飛ばし過ぎて(当時のハーフのベストと同タイムくらい)、後半足が動かなくなったのでこの辺でちょっと心配になってきました。

 

後半の様子はこちら